一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ウェブサイトを構築して終わりではなく、これからが始まりです。
どんなに立派なホームページを作っても更新しないで放置しては効果がなくなります。その時代のニーズや、日々の相談業務の中で掴んだ情報をもとに軌道修正や補正が必要になります。
それはネット上の商いでも対面商いでも同じです。生きた判断をしなければなりません。コツコツと継続して行くことに重要な意味があります。

商いでは専門的な老舗が評価が高く、信頼されます。これはウェブサイトも同じであり、長く継続して行くことが信頼につながります。一朝一夕では商いは成立しない。
開業して余り月日が経過していないウェブサイトは、信頼できる取引先などにリンクしてもらうことが、大きな助けになります。そのような事業者と知り合いになることは、ある意味「運に任せる的な面」があります。
しかし、ウェブサイトの更新など継続して行く中で見つかるものですから、何もしないで良い人材に巡り合うことはありません。

絶えず、メッセージをネット上に発信していくことが重要です。

このブログは自分自身の考え方や作業内容の意味を確認することを主眼に投稿してきましたが、今回が最終回です。
アクセスは非常に少ないのですが、たまに知人や他のブログからたどってアクセスする人が見ていただくようです。自営業の方に、何か少しでも参考になれば幸いです。
拙い記事でしたが、ご覧いただいたかた、どうもありがとうございました。
→今後は、よろしければ私の雑記・ゲストブログをご覧ください。

CMSの内部ブログ、普通の外部ブログについて、キーワード検索に限定すると、外部ブログのほうが有利です。
というのは、普通のブログは適切なカテゴリーをキーワードを含めて設定し、適度に関連した記事を投稿すると、カテゴリーまたは記事単独が検索に出てきます。

ではCMSの内部ブログの記事はだめなのかというと、これはインデックスとして本体のポテンシャルを徐々に高めていくことになり、固定ページは検索にヒットするようになります。

私の考えでは、両方をリンクしあって活用すると、いろいろなキーワードで固定ページや記事が検索されやすくなると思います。普通のブログだけでも、投稿記事が増えるにつれて、ポテンシャルが高まります。
私の好みでは、広告がほとんど表示されない「シーサーネットブログ」「wordpress.comブログ」などが良いと思います。

お金を余りかけなくても、活用次第で力を発揮します。これがブログのメリットです。
もちろん、投稿記事の中身そのものが有益な情報となることが前提です。中身のないキーワードの羅列は閲覧者を失望させるだけであり、情報の信頼性を失うからです。
そのようなブログは、事業者としては、ほぼ致命的です。
 

知人にせっかくカスタマイズして検索にヒットしやすくなるようページタイトルやカテゴリー名称を設定したのに、今年に入ってから勝手に変更したらしい。
*重要なキーワードを外してしまったようで、キーワード検索に出てこなくなった(笑)。

勝手にすればいいんですけど、あれだけ説明したのに、やってはいけない改造をしたようです。ブログもページタイトルや見出し、カテゴリー名称からキーワードを外すと、当然キーワード検索の順位は落ちていきます。

この人、知人の協力者や私に謝礼を渡すのが嫌で、途中から勝手に触るようになったんですが、手が出ないホームサイトのほうは放置状態です。
やらなくてもいいカスタマイズをやる一方で、本体サイトの更新をするための知識は一切学ばないんです。
だめだね。これでは。

通常、無料の雛形やツールは、それ自体は無料で使えるのですが、独自ドメインやレンタルサーバー費用は別途かかります。
*広告表示を消すオプションサービス付のツールもあります。

たとえば、wordpress,jimdoなどはひな形そのものは無料です。この2つは特に活用マニュアルが多数出されていますので、書籍を購入すれば良いと思います。
これに無料のブログを併用して活用することも効果的でしょう。

もし、詳しい知人が居れば、カスタマイズの謝礼を渡して、ひな形を構築してもらえば、楽に運営できます。
*事業者ならば、その程度の経費は必要です。
ウェブマスターは、コンテンツを作ることに集中して、運営補助やカスタマイズは信頼できる知人などに依頼すると良いと思います。無料で依頼するとなかなか作業してもらえませんので、親しい中にも礼儀ありですから、謝礼は必要です。

ホームページを運営するコツは、ギブアンドテイクです。
上記の2つのツールは、いろいろな雛形があり、自分が使いやすくて、拡張性のあるものが良いですので、詳しい人と相談して決めるとうまくいくでしょう。

メインサイトと並行して情報サイトを別に立ち上げる際は、ツールを使い分けると何かトラブルが起きても2つが同時にフリーズすることはないので、安全です。
私はメインサイトがダウンしても問合せページが機能するように別のツールを複数活用しています。

私は建築関係のある分野の専門的な技術者・コンサルタントです。
*ウェブサイト運営(比較的簡単なウェブページの作成含む)、設計書作成、施工指導、対策案の立案など

会社勤め時代に、現在の専門分野の設計マニュアルや関連情報を勉強し始め、開業後の経営を含めて約20年が経過しました。今年、約20年間の経験や業界の課題など警鐘、現時点で取り組んでいるテーマなどを総合的に振り返りまとめようとしています。
もちろん、運営しているオフィシャルサイトには専門的な事例や設計などに対するコンセプトはまとめてあるのですが、具体的な課題や業界の変遷、今だから言える事例の話など、殆ど公表してこなかったコンテンツを採り上げる予定です。

自営業なので、いわゆる自分史としてまとめることになると思います。それが自営業や家内工業的な企業においては、事業方針を含めた明確なメッセージにもなります。

あまり長文にしたり、章立てを細かく分けると読みにくくなるので、参照ページを所々にリンクを入れながら、30分程度で全体を読み込めるように工夫する予定です。
なぜ、急に作ろうとしたのか?それは20年という区切りと、ちょうど案件のキャンセルが出て一時的に時間ができたからです。前半の約10年は自宅を中心とした体験と情報収集の話が中心。後半の10年は技術的なコンセプトや具体的事例の話が中心になり、最後のまとめでは、取り組んでいる課題や今後の展望などに触れるという、おおざっぱな構成を検討しています。

このような自分史、プロフィールは、仕事の相談者にとっては、代表者(運営者)の考え方や得意分野を知るうえで参考になると考えられます。身の丈ほどの実像を示すことに意味があるでしょう。

休日になると、今まで仕事の相談をお受けした方々のご意見を想い出します。
どういう点が信頼できそうだと思いましたか?検索したキーワードはなんですか?など

信頼のポイントは「具体的な実績と実例」「依頼者の声、ご報告」「専門的なコンテンツ」「事業のスタンス・コンセプト」この4つをあげる人が多かったです。
見た目のデザインよりも、コンテンツの質だということです。もちろん、わかりやすさなどデザイン的な構成も大事だと思いますが、それは徐々に改善していけば良いことです。

検索したキーワードは、覚えていないという人が大半でした。意外な答えですが「必死で探していたので、いろいろな言葉を組み合わせて探した。」という答えが多く、なるほどと思いました。
要するに、自分が求めるウェブサイトを見つけるために、いろいろなキーワードを組み合わせるので、ブログの記事がヒットしやすいこと、必ずしもトップページはヒットしないということです。

ですから、一つ一つのページをよく考えて作る必要があります。各ページにはメインサイトの問合せページなどのリンクを貼ったほうが分かりやすいです。
焦って探す人は、まず電話をかけてきます。その次にメールです。

ブログの記事を読んで、考え方などが信頼できそうだと言われたかも少なくなく、文章で伝えるということ、基本ですがとても重要です。

私の知人には勘違いが多く、ウェブサイトを作ればすぐに受注できると思い込む人が多かったです。そのようなケースは少ないでしょう。今までウェブサイトに力を入れていなかった有名企業が新しいホームページを立ち上げて、まもなく受注できるようになるということはあります。
また、農産物の産地直送サイトがキーワード検索の上位に出てくると、魅力的な商品が適正価格であれば受注に結び付くと思います。実際、私の親戚の知人がそうでした。
しかし、それにはウェブサイトを構築してくれる人材が必要であり、自分自身も一緒に構築していかないとうまくいきません。人任せでは何事も無理であるのは、どんな分野でも同様でしょう。
*そんな甘い世界であれば、だれでもホームページを作ります。

重要なのは中身であり、コンセプト、差別化できるサービース・技術または製品です。金太郎飴では競争力はないのは明らかであり、閲覧者への説得力のないホームページは受注効果は余りないです。

ホームページは少しずつ育てていくというスタイルが必要であり、特にメインサイトはじっくり作り上げ、コンテンツを充実させていくことが重要です。
サブサイトの情報ページは、ブログなどを活用して新しい情報を含めて速やかに、あるいは定期的に発信するという継続性がポイントです。ウェブサイトごとの目的を決めて連携させていくのが自営業者のスタイルと考えられます。
*メインサイトとサブサイトは身内の様な関係であり、共通点を持ちながら個性を持たせる。兄弟の様なものです。

これに対して連携する取引先などは友人と同じで、理解しあえる部分を共有することが重要です。それができなければ連携はできません。私はこの点で失敗しました。価値観を共有できなかったのです。
とにかく、まずは自分のメインサイトを育てることが受注の要です。

失業保険を受給しながら、次の職場を探したり、自営業の道を模索している人も少なくないと思います。地元のハローワークには比較的若そうな人たちが出入りしています。
*私の場合は職種が特殊なため、会社勤めを辞めた時点で再就職は無理と思っていました。ハローワークでも、私の業務内容を理解すること自体も難しいと言われ、窓口の担当者に自営業の道しかないのでは?という感想を言われた。

当時の私には殆どPCスキルはなく、できるのは簡単なホームページ作成(HTMLのべたうち)、イラストレーターやフォトショップ、ワード・エクセルの簡単な書類作りでした。ただ、文章を構築したり、現在の職種につながる知識は、会社を辞める数年前から収集していました。
そのころ、欲しかった技術「ウェブサイトの構築と活用事例」、これを探していました。

いまなら、ウェブサイトを通じた連携パートナーが欲しいところですが、簡単に見つかるような分野ではないのです。しかし、通販サイトや事業戦略の分野であれば協同で進めることは可能でしょう。
30代・40代いや50代でもPCスキルを身に着ければ、必ず役に立ちます。思い切って、事業者に問い合わせたらいかがでしょう。

私の取引先の例を反面教師として、ホームページ・ブログ活用の考え方、現状について少し考察してみました。
最初の例は建材メーカーです。
この会社は、対面営業とホームページ運営の両方を前提として建築材料を主として業者に卸しています。私の場合は自営業者として例外的に取引しています。大半が企業との取引のため、私を紹介した前任者が会社を辞めた時点で、私のことを次第に軽視するようになりました。

しかし、一般の中小企業に比べて同等以上の発注量を毎年のように確保していましたので、現在も取引が続いているわけです。一時期は私の提案を受け入れてホームページを衣替えしたのですが、期待した以上に受注が増えずに、その後、更新をしないで放置しています。これは、ホームページの作り方や商品選択に問題があり、ユーザーが見ても、何が特徴なのか見えないため、問合せが増えないのです。
それを勘違いして、最近は対面営業に力を入れていたようですが、受注は伸びず、低迷しているようです。

2番目の事例も建築材料を納品している会社ですが、上記とは異なり、住宅・店舗の設計業務も並行して運営しています。この会社は最初、ホームページの提案に大いに乗り気で、サービスでホームページなどを知人の協力を得て立ち上げたのですが、上記の会社と同様に思った以上に受注が伸びず、現在は外部リンクのブログのみ更新している程度です。

両者ともに、ウェブサイトの活用方法へのヴィジョンや戦略がなく、しかもコンテンツを拡充することに労力を使っていないので、ユーザーから見ると成長していないホームページに見えます。大きな問題は、自分の努力を棚上げして他力本願にしたことです。

最近のネット検索のユーザーは目が肥えてきているので、中身がなければ本気で問い合わせもしません。それに、運営者の顔が見えないと、零細企業としてのメリットがありません。
小さな業者は、大手企業と違って、運営者そのものが代表または役員ですから、決断も早く、小さな案件も大事にしてくれるという良い面があります。
それが、金額の大小や事業者としての看板の大きさを重視するような露骨な対応をすれば、支持を失います。
*これでは政治屋と変わりません。

運営者の考え方が見えるようなホームページ・ブログを運営していかないと、この景気の悪い時代に差別化を図ることは難しいのです。屋台骨が見える、まっとうな商いは、地味ですが見る人は、ちゃんと見ていますので、一定の支持を受けると思います。あとは戦略的な補強ができれば拡充できるでしょう。
自分の言葉で語らないと、ユーザーの心には響かない。

会社を辞めたり、家業を継ぐために、サラリーマンから自営業者(個人事業主など)になるかたが、ホームページを作って運営する際に参考になるように体験談を少しご紹介します。

ホームページに詳しい知人・友人が居る場合は、ぜひ協力してもらったほうが良いです。とくにホームページやブログを運営している知人・友人には相互リンクしてもらうことをお勧めします。自分の商いに直結しなくても、日頃から交流することで有益な情報も入手できます。
私の場合は、ネット上で知り合った運営者やスナックで仲間になった人たちに助けてもらいました。これはすごく重要なことです。

また、自分の商いの取引先のホームページにリンクしてもらうとアクセスが増えます。私の場合は、ほとんど取引先との連携がなく、この点では失敗しました。

ですが、商いを通じた依頼者(お客様)が運営するホームページにリンクしてもらい、間接的に問い合わせが増え、受注につながったことがあります。知人などホームページ仲間を作ることが自営業にはとても役立ちます。このことを忘れないでください。

ホームページの作り方は、ネット上の情報や関連書籍などで入手できますので、知人にはレンタルサーバー、ドメインなど基本的な準備などについて詳しく教えてもらったほうが良いでしょう。まずは実際に1つ作ってみて慣れることです。
専門的な疑問点は、PC教室で具体的に有料講座に入会して情報を入手すれば良いと思います。

私の場合は試作品をPC教室に持ち込み、問題点などを指摘していただきました。